コンセプト

コーヒー生豆

 世界各地のコーヒー生豆輸出国・地域のコーヒー豆を取り扱っております。スタンダードグレードの1~2ランク上の等級となりますプレミアムグレードのコーヒー生豆につきましては、当社で焙煎して評価を行い選定しております。
 コーヒー生豆の品質、焙煎後の風味、価格から選定しております。

  • 主な評価ポイント

・コーヒー生豆の品質
 欠点豆の含有率、粒の大きさの均一度、焙煎後の焼きムラ を評価しております。
・焙煎後の風味
 酸味の特徴、口あたり、アロマおよびフレバー、アフターテイスト
 中煎りのコーヒー豆をハンドドリップしたコーヒーで評価しております。
・価格
 コーヒー生豆の品質と焙煎後の風味に対する相対的評価を行っております。

   


コーヒー豆の焙煎

 焙煎の目標は、原料となるコーヒー生豆が持っている能力を引き出すことと考えております。
コーヒー生豆は、輸入されるときに農園単位や地域単位などで袋に分けられております。
これらの各銘柄ごとに風味の差をお楽しみいただくためブレンドしないストレート(100%)のコーヒー豆を中心に提供しております。

 焙煎装置は、熱源をガスといたします直火式装置を使用しております。
釜、排気、冷却の必要機能を具備した本格的焙煎装置でコーヒー豆を焙煎しております。
焙煎方式は、大きく分けますと熱風式と直火式の2つがあります。
直火式は熱風式に比べて、焙煎できる量が少ない、焙煎加工に技量が必要とされる方式です。
コーヒー生豆の能力を引き出しやすく、豊かな香りを得られる方式となっています。

 焙煎度合いは、コーヒー豆の銘柄に合わせてもっとも素材のもつ能力をひきだせる度合いで焙煎しております。
中心となる焙煎度合いは、ハイロースト~シティローストとなっております。

   


コーヒーの風味 

 アラビカ種のコーヒー豆の特徴は“華やかな酸味”を中心にした複雑な味覚と芳醇な香りにあります。
コーヒー豆は全て自社で焙煎しており、コーヒーの各銘柄ごとの個性ある風味を表現しております。
お飲みいただく銘柄ごとに風味の差をお楽しみいただけるコーヒー豆を製造しております。

 コーヒー豆は焙煎した時から、風味は変化していき、やがて劣化いたします。
ご家庭での飲用ではのみきるまでの保存期間が想定されます。劣化が始まる時期は、保存状態のほかに焙煎工程による影響も大きく関係いたします。劣化の開始時期ができるだけ遅くなる焙煎をおこなっております。

 インターネット販売のコーヒー豆はご注文後に焙煎して発送しております。高い鮮度のコーヒー豆をお届けしております。
店頭販売においては、焙煎から一定時間以上経過したものは店頭在庫から外しております。

 使用する包装パッケージは、遮光性に優れ、酸素透過性が低く、透湿度の低い素材を選んでおります。
焙煎直後に袋詰めいたしますので、真空効果がえられないことと真空工程がコーヒーの風味に良くない(当社の評価)ため真空パックは行っておりません。袋の内部にガスが溜まってしまい破裂する可能性がありますので、袋に小さな穴を開けております。

  

このエントリーをはてなブックマークに追加