商品紹介

店内で焙煎したコーヒー豆を店頭販売しております。
焙煎から72時間以内のコーヒー豆のみを在庫販売しております。
 ※店頭販売しておりますコーヒー豆は焙煎済みのコーヒー豆となります。
  コーヒーは「豆のまま」のほかに、「粗挽き」、「中挽き」、「細挽き」 のご希望を承っております。
  極細挽き(=エスプレッソマシン用)は承ることができません。

販売価格 500円~650円(税込み) 100g
     パナマゲイシャ、ブルーマウンテン100%、COEなどは時価

販売在庫は随時変動いたします。在庫状況は店頭でご確認くださいませ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

取り扱いコーヒー豆のご紹介

コロンビアSUP カウカ

※販売休止中(入荷待ち)
産地名 Valle,Cauca
標 高 1200m~1800m
品 種 ティピカ、カツゥーラ、ブルボン
精選方法 ウォッシュド
収穫時期 10月~1月 3月~7月
生産量 年間 5,000袋
カップの特長 程好い酸味と甘味、ボディに優れる

コロンビア アピア

※販売終了

生産地域:リサラルダ県アピア村
規格:スプレモエスペシャル(スクリーン18up)
品種:ティピカ他
精選:ウォッシュド
コメント:やさし口当たり、味のバランスがよくどなたにも飲みやすい

コロンビア エスメラルダ

※販売終了

生産地域:ウィラ県
規格:スプレモ(スクリーン18)
精選:ウォッシュド
コメント:やさし口当たり、味のバランスがよくどなたにも飲みやすい。ライトテイストで、濃厚なコーヒーをお好みの方には物足りないと感じるほどです。

コロンビア クラシックウィラ

コーヒー生豆(原料)
国 : コロンビア
エリア : ウイラ県、南東部
品種 : ロンビア、カトゥーラ、ブルボン他
標高 : 1,500〜1,600m
生産処理 : ウォッシュド

華のある風味、最上級のマイルドコーヒー
トリマ、カウカ、メタ等の著名な生産地と隣接するウイラ地方はマグダレナ河が流れる山脈地帯に挟まれた谷合に位置しています。南西地方の高い標高で育まれたこのコーヒーはその品質の高さが有名であり、小規模生産者によって生み出されるウオッシュドコーヒーはここでしか味わうことのできない、この上なく素晴らしいフレーバーにあふれています。
このフレーバーを生み出す高い標高のテロワールは、ウイラらしい華やかな酸味を生み出し、温暖に保たれる気温は年間を通して頻繁な開花を促します。7ヘクタール満たない生産者たちが、小規模故に家族で丹念に育てています。マイルドな酸質、花の様な風味が香り、美しい余韻を残す、アロマティックなコーヒーをお楽しみください。

コロンビア クリストファ

販売終了しました。
コーヒー生豆(原料)
国 : コロンビア
エリア : Pueblo Bello /Atanques
品種 : ティピカ種他
標高 : 1600〜1800m
乾燥:天日乾燥
生産処理 : ウォッシュド
スクリーン:S18
カップの特徴:
香り高く、酸味、ボディのバランスが優れている

コロンビア最北部のピコ・クリストバル・コロン山はコロンビア最高峰(5,800 メートル)の山麓は、火山灰土で古くから土壌豊かにして気候に恵まれ、良質なコーヒーを産することで有名です。コロンビアコーヒーの多くはアンデス山脈の地域で栽培されておりますが、ピコ・クリストバル・コロン山は気候、風土、土壌が一般の栽培地域と異なり、香味もカリブ海気候が育んだ特徴になります。
特徴は、独特な強いスィートなアロマが備わっており、酸味が抑制された甘味主体のマイ
ルド感が強調される、カリブ海型の水洗式アラビカ(ジャマイカ・キューバ産コーヒーが代表的なもの)の特徴を兼ね備えていると言われています。
ピコ・クリストバル・コロン山(「クリストファー・コロンブスの峰」と言う意味)を望む、南西側斜面の尾根の一部(標高1,600〜1,800 メートル)がコーヒー豆 の栽培地です。古くからの産地(Pueblo Bello とAtanques)でコーヒーの品種は“在来種のティピカ種“が主体で、栽培方法も伝統的なGUAMO と呼ばれている豆科(コーヒーの樹には最適な天然の肥料と成る)の植物をシェードツリーとし、完熟したコーヒーチェリーのみを手摘みされます。豊富
な山水でコーヒーチェリーを洗い、天日乾燥(SUN DRY)という昔ながらの丁寧な方法を取り入れております。精選・選別後に厳選なカップテストを行い、最終チェックを経たコーヒー生豆のみを輸入しています。生産地が北部の為に、輸出港はカリブ海に面したカルタヘナ港/サンタマルタ港から船積され、日本の皆様へと送られてきます。「豊かな香りと甘い風味」をお楽しみ下さい。

コロンビア サンアグスティン

国 : コロンビア
エリア : ウイラ県 サン・アグスティン村
品種 : ティピカ種100%
標高 : 1800m
生産処理 : ウォッシュド
規格:エクセルソ
カップの特徴:
香り高く、酸味、ボディのバランスが優れている

コーラルマウンテン コスタリカ

※販売休止中(次回入荷未定)

国 : コスタリカ
エリア : サンホセ西部 コラリージョ村
農園名 : ラ ミニータ
品種 : カツーラ種とカツアイ種
標高 : 1500m
生産処理 : ウォッシュド 100% サンドライ
カップの特徴:
しっかりとしたボディとアロマ、際立った酸味
コスタリカは中米の南部に位置し、カリブ海と太平洋両方に面した海岸線を有している。南はパナマ、北はニカラグアと国境を接している人口400万弱の小さな国です。地形は変化に富み、東部はカリブ海沿岸に沿って平原となり、西部は4,000mにも達する険しい山岳地帯で、中央部は1,600mの高原となっている。

世界の最高級コーヒー豆の一つであるコーラル マウンテンは活火山と山脈の神秘的な国コスタリカの首都SAN JOSE西部の山岳地帯(標高1400〜1500m)、TARRAZU(タラス)川をはさんだTRES RIOSとCOTALILLO(コラリージョ)を結んだ三角地帯の急斜面で栽培されています。コーラル マウンテンは、厳選された農園で限定生産され、古くからドイツを始めとして、品質を重視する自家焙煎業者に限定販売されてきた由緒あるコーヒーです。

コーヒーの生産に適した肥沃な土壌と成熟に最適な気候条件により、3月〜4月の降雨期に白く可憐な花を咲かせ、6月頃に結実し、12月半ばにかけて赤く成熟します。
農園が余りにも急斜面にあるため、収穫は身体にロープを巻きつけ、“モンキースタイル”でバスケットが一杯になるまで、赤く熟した実だけを一粒づつ丹精こめて手摘みされます。収穫後、水洗処理されたパーチメントは灼熱の太陽の下、広大な乾燥場で約1週間100%サンドライ(天日乾燥)という伝統的な処理をされます。こうして生産されたコーラル マウンテンは、カリブの海底に潜む黒サンゴのような輝きを持ち、熟成したコクと芳醇な香りとを兼ね備えた贅沢なコーヒーです。

タンザニア SNOW TOP

※販売休止中(次回入荷未定)

【産地】 アルーシャ地区
【標高】 1300〜1800m
【品種】 ケント
【精選】 ウォッシュド

タンザニア アルシャ地方の高地 タンザニアコーヒーは、キリマンジェロのゆるやかな斜面に育ち、インド洋からのさわやかな風と熱帯特有の叩きつけるような雨と、キラキラと輝く太陽の恵みにより、芳醇で甘酸っぱい風味のコーヒーです。
そのタンザニアコーヒーの中でも、ひときわ大粒で気候条件に恵まれたアルシャ地方の高地だけに産する極少量のコーヒーは最高
級品との意味合いから他のAAクレードのものと区別しするため、『SNOW TOP』と呼ばれています。
アフリカの風の囁きと雨のやさしい匂いと、眩しい煌く陽光に恵まれたコーヒーの最高傑作です。

タンザニアKIBO

※販売休止中(次回入荷未定)

国 : タンザニア
エリア : キリマンジャロ山麓 モシ市
品種 : ブルボン、ケント
生産処理 : 水洗式
標高: 900〜1500m

モシ市はまたキリマンジャロコーヒーの故郷としても有名で、山のゆるやかな斜面で育ったコーヒーはこの町に集められ、精選加工された後に競(セリ)にかけられ、やがて世界中に向けて輸出されております。

山の豊な恵みと雪解けの清流で育ったコーヒーは、その清楚な酸味と香りによって世界中から賞賛を受けております。

「TANZANIA AA KIBO」は、数あるモシ市のコーヒー業者の中から特に技術の確かな業者を選りすぐり、味と香りをテストして買いつけた後、厳しい品質基準を満たすために再度精選した最高級のコーヒーに対してのみ名づけたものです。

木の種類は、ケント種(ブルボンとティピカ種の交配)とブルボン種。

トラジャ

国 : インドネシア
エリア : スラウェシ島
農園名 : トラジャ高原カロシ地区
標高 : 1,200m
品種 : ティピカなど
生産処理 : ウォッシュド

圧倒的な存在感を感じる個性的コーヒー。とっても奥の深い酸味、沸いてくるようなコクなどこれだけ複雑な味を出せるコーヒーはないというほど奥の深いコーヒーです。洗練されていないワイルドな風味を持つ高級コーヒーで「幻のコーヒー」ともいわれる幻想的風味のトラジャコーヒーをハイローストで仕上げます。
熱狂的なファンを持つトラジャの魅力をお楽しみください。