焙煎装置の清掃 鷺沼店の最終営業日

約5年間営業してまいりました珈琲焙煎店の「豆太」は移転することになりました。

2014年8月17日が鷺沼店での最終営業日でした。

最終日の焙煎を終えて、鷺沼での最後の”焙煎機の掃除”を行いました。

 

チャフや、硝煙装置の掃除は毎日行っておりますが、焙煎機の掃除はときどきです。

なんせ、装置を分解しなければならず、通常よりも大仕事になります。

もっともよごれるのが、排気機能を担うプロペラ部分です。ここは月に1回の掃除が

目安です。

2014-08-17-1

 

綿状の汚れが全面に付着しています。

一度、ここのコーヒー焙煎装置のプロペラに火がついて多量の煙を出してしまったことがあります。

消防車7台に出動していただきました。幸い煙のみで、このよごれが燃えたら煙も出なくなり事なき

を得ました。以来、月に1回は掃除をしております。

プロペラ台の汚れを落としますとわかりやすいです。

2014-08-17-2

今回は、煙突も掃除しました。煙突は何個ものパーツを接続しています。

まずは、接続部分を切り離します。そのあと掃除ですが、プロペラ掃除

よりも時間がかかります。

3か月ぶりの掃除でこんなに汚れています。

2014-08-17-32014-08-17-4

きれいになった状態で新店舗・工房へ移動させます。これもまた大仕事です。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す