コーヒー生豆(原料)価格を昨年と比較

コーヒー生豆は2013年末に急騰し、ニュースにもなっていました。

急騰前後のコーヒー豆をまとめてみました。

 

まずは、2014年12月を「1」とした取引価格指標をご紹介いたします。

コーヒー生豆は日々価格変動するものですが、それが顕著に出るスタンダードグレード

の取引価格で算出しました。

●ブラジル(スタンダードグレードのコーヒー生豆

2013年夏:0.58

2014年12月:1.0

2015年夏:0.71

2015年12月:0.86

●コロンビア(スタンダードグレードのコーヒー生豆

2013年夏:0.64

2014年12月:1.0

2015年夏:0.71

2015年12月:0.73

数値化できる価格決定要因は、NYの商品相場と為替があります。

●NY相場/円ドル

2013年夏:0.67/0.82

2014年12月:1.0/1.0

2015年夏:0.65/0.97

2015年12月:0.67/0.99(120c/120円で計算しました)

世界のコーヒー生豆の1/3を生産するブラジルの天候不順が2013年末急騰の引き金になり

ました。2013年の12月、1月当たりに大量購入した事業者は少ないと思います。

 

ブラジルが割高に見えますが、これはブラジル通貨のレアル安によるものです。

今年は、ブラジルは例年よりも割高になることは間違いなさそうです。

また、今年も12月はNY、為替とも動きが大きく買付けしづらい環境でした。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加