コーヒー生豆のオークション

コーヒー生豆 販売にはオークションのみで取引されるものがあります。COE(cup of excellence)は1999年にブラジルでコーヒー生豆のオークションが行われて以来、今年も中南米を中心にオークションが開催されています。

4月にコロンビア北部のCOEオークションがあり、5月の終わりからエルサルバドル、ニカラグァで開催されました。本日6/9はホンジュラスでコーヒー生豆のCOEオークションが開催されます。

昨年はコーヒー相場高騰の中での開催、今年は円安(対$US)の中での開催です。当社が入手するCOEのコーヒー生豆は、日本円で取引しますので、落札価格と為替相場の影響を受けます。昨年に続き、今年も仕入れ価格は高値となります。今年は積極的な応札はやめようと思います。

昨年落札いたしましたコーヒー生豆COEガテマラ2014もやや割高感がありました。落札価格はエルサルバドルは高値でしたが、コロンビア、ニカラグァは例年並みでした。今年のCOEオークションはまだ3カ国しか開催されていませんので、のこりは10カ国ほどです。

今年も秋にはパナマ産ゲイシャ種のコーヒー生豆が入荷する予定です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年6月9日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : mameta