コーヒー カッピング

先日、コーヒーのカッピングをしてまいりました。2013/14の単一農園が主となり、約25種類のコーヒーが準備されました。
カッピングで使われたコーヒー豆はサンプルロースターで焙煎されており、やや浅い煎りでした。コーヒー生豆を同じ環境で焙煎しているので、比較するには適しています。できれば当店と同じ直火式で焙煎してほしいところですが、焙煎による差が出ないのがサンプルロースターのメリットといえます。

煎りは浅いので、酸味を評価することがメインとなりました。多くの参加者がいらっしゃり、一様に高い評価を得るコーヒー豆がいくつかありましたが、ほとんどのコーヒーは評価が分かれていました。ケニア、グァテマラは概して高い評価を得ていました。今期のケニアは「あたり」だと思います。価格が高いのが難点ですが、カッピングいたしましたケニアの中から1銘柄をすでに入荷して、焙煎しております。予想通り、カッピング時よりも深めに焙煎&直火式焙煎で期待以上の風味を得ています。

コーヒーカッピング2014-12cupping

 

また、あいかわらずガテマラはいいです。アンティグァのみならず、ウエウエティナンゴもいいです。ガテマラだけでスペシャルティコーヒーを4種類、スタンダードが1種類と在庫スペースを占有しています。

今年は、コーヒー生豆の価格が高いので、スペシャルティが割安に感じられます。この状態は少なくとも4月までは続くと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年12月12日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : mameta