中米のコーヒー生豆

コーヒー生豆はドンゴロスで輸出されています。

ジャマイカは樽詰めでの輸出、他にはアルミ等バキュームパックも出てまいりました。

ドンゴロスの表面・絵柄や刻印は、産地によって特徴があります。

コロンビアのプレミアムグレード以上は、色彩豊かなものが多いようです。

アフリカの伝統的コーヒー産地の、エチオピアやタンザニアは地味です。

刻印が薄くてドンゴロスもボロボロということもあります。

写真のドンゴロスは、グァテマラのプレミアムグレードのものです。

azotea_don

 

この農園のコーヒー生豆は、ろっとによりドンゴロスのデザインアが異なっており楽しませてもらえます。

中米のドンゴロスは迷信、自然、動物が使われるkとが多く、鮮やかな色使いも見られます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す