コーヒー生豆(原料)価格を昨年と比較

コーヒー生豆は2013年末に急騰し、ニュースにもなっていました。

急騰前後のコーヒー豆をまとめてみました。

 

まずは、2014年12月を「1」とした取引価格指標をご紹介いたします。

コーヒー生豆は日々価格変動するものですが、それが顕著に出るスタンダードグレード

の取引価格で算出しました。

●ブラジル(スタンダードグレードのコーヒー生豆

2013年夏:0.58

2014年12月:1.0

2015年夏:0.71

2015年12月:0.86

●コロンビア(スタンダードグレードのコーヒー生豆

2013年夏:0.64

2014年12月:1.0

2015年夏:0.71

2015年12月:0.73

数値化できる価格決定要因は、NYの商品相場と為替があります。

●NY相場/円ドル

2013年夏:0.67/0.82

2014年12月:1.0/1.0

2015年夏:0.65/0.97

2015年12月:0.67/0.99(120c/120円で計算しました)

世界のコーヒー生豆の1/3を生産するブラジルの天候不順が2013年末急騰の引き金になり

ました。2013年の12月、1月当たりに大量購入した事業者は少ないと思います。

 

ブラジルが割高に見えますが、これはブラジル通貨のレアル安によるものです。

今年は、ブラジルは例年よりも割高になることは間違いなさそうです。

また、今年も12月はNY、為替とも動きが大きく買付けしづらい環境でした。

 

コーヒー生豆 異物等

日々コーヒー豆の焙煎を行っております。焙煎するのはコーヒー生豆になります。

コーヒーの実から種子を取り出した状態です。

種子といっても精選処理が行われており、発芽することはないようです。

↓こちらが、コーヒー生豆の写真です。(状態のよい生豆です)↓

コーヒー生豆

 

当店で扱うコーヒー生豆は100%輸入ものです。

生産国で、写真の状態まで精製して輸出しています。

輸出時にコーヒー生豆には異物や不良品(「欠点豆」といわれます)が含まれています。

異物は、石類が多く、釘などの金属片、ガラス片、他の穀物などとなります。

↓こちらは輸入されたコーヒー生豆から取り除いた石類です。↓

コーヒー生豆の異物

中にはコーヒー生豆よりもおおきな石まであります。

この写真は南米やアフリカから海を渡ってきた石ということになります。

 

欠点豆は、欠けている生豆、カビのついた生豆、虫食い生豆、未熟な生豆

などとなります。

コーヒー生豆 欠点豆

これら異物や欠点豆は安価なものほど多い傾向にありますが、

国や収穫・生産時期による差もあります。

特に、スタンダードグレードのコーヒー生豆は多くなってしまいます。

 

「異物混入」が話題になりましたが、コーヒー生豆の場合は「混入」

ではなく「除去」の問題となります。

業務用でコーヒー生豆の異物除去装置があるのですが、実は異物除去

は米(おこめ)の方がシリアスなのだそうです。

大豆、とうもろこし、小麦なども原料には異物が含まれ

ているのだろうと想像しています。

2015年12月17日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : mameta