コーヒー豆焙煎装置の清掃

コーヒー豆の焙煎装置を清掃しました。当店で毎日稼動させているコーヒー生豆を焙煎する装置です。

月1回の予定を少し過ぎてしまったプロペラ清掃とダクト清掃を行いました。

まずは、プロペラ部を焙煎装置から取り外してます。ほどほどに汚れていました。コーヒー豆焙煎装置清掃

プロペラ本体を台座から取り外すと台座にも汚れが付着しています。判りやすくするため、今回は一部の汚れを落として撮影してみました。

コーヒー豆焙煎装置清掃

 

ついでにプロペラ部を取り外した筐体の部分をご紹介します。

プロペラ部ほどは汚れませんが、この機会に清掃してしまいます。こちらも判りやすくするため汚れを一部分だけ落として撮影しました。

コーヒー豆焙煎装置清掃コーヒー豆焙煎装置清掃

この辺までの清掃は比較的簡単な作業となります。とはいえ毎月行うのは楽ではありません・・・。

プロペラ清掃の次はダクト清掃です。これは重労働です。ダクトを取り外す際はほぼ解体といえるほど分解します。全パーツにワタぼこりがびっちり付いています。

重労働過ぎるせいか、撮影を忘れてしましました。清掃後に最後のヤマ場もあります。

ダクト部分は同じ色で似たような形状のダクトを結合してダクトを構成しています。

解体すると、元に戻すのに一苦労します。パーツの位置確認と取付順を間違えると元に戻せない仕組みになっています。

 

長い清掃を終えたご褒美にパナマのゲイシャを飲んで疲れを取りました。

ゲイシャコーヒー

 

明日からまたコーヒー生豆を焙煎するために活躍してもらいます。

2015年2月9日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : mameta