コーヒー生豆を焙煎&Drip COE2014Brazil LH

先週からコーヒー生豆のCOE2014ブラジルLHの焙煎を開始しました。

コーヒーは生豆を焙煎してからレストタイムを経て本来の風味が出ます。焙煎直後はコーヒー豆から多量のガスがでておりハンドドリップするとお湯がはじいてしまいます。この活性化が新鮮さたっぷり感があります、これを楽しむというのもおすすめです。

今回は、焙煎後に約1週間経ちましたCOE2014ブラジルLHです。コーヒー豆は常温で保存しました。

コーヒーCOE2014コーヒーCOE2014

コーヒーCOE2014コーヒーCOE2014

ナチュラル精製らしいコクのある重量感がでています。COE受賞コーヒーならではの余韻も楽しめるコーヒーでした。コーヒー生豆の状態はCOEにしては欠点豆が多いほうだとおもいます。ナチュラルならではなのか、やきむらが出やすい気がしますので焙煎では要注意です。

コーヒーの風味は、お好みによるということになるですが、ブラジルとコロンビア産のバランスの良さはどなたにもおすすめしやすいコーヒーの産地です。飲んだ後にものどから鼻に抜けてくるような”余韻”があるコーヒーは、COEをはじめ高品質なコーヒーや特定品種、農園といったプレミアムグレードの醍醐味です。

今年のCOEコーヒー豆は、グァテマラも落札しているので、12月ごろには入港&税関通貨になると思います。他の中米コーヒー豆は高価でしたね・・・。ブラジルとグァテマラ、コロンビアは多少高価でも落札したいCOEコーヒー豆だと思っています。

 

農園名 Fazenda da Pedra
農園主 Renata Guerra de Castro
地域・エリア名 Carmo de Minas – Brasil
農園面積 140 Hectares (コーヒーエリア30 Hectares)
標高 1200m
品種 Yellow Bourbon
生産処理(精製) Natural
順位 14(b)位 (Score 86.63)
カップコメント (フレーバー/アロマ)
スウィートハニー、シュガーケーン、キャラメル、メープル、洋ナシ、プラム、チョコレート、パパイヤ
(その他)
上品で繊細、バランス・調和がとれた、液が冷めると良くなる、クリーン、クリーミーマウスフィール

カップ・オブ・エクセレンス(Cup of Excellence)は、その年に収穫されたコーヒーの中から最高品質(トップ・オブ・トップ)のものに与えられる名誉ある称号で、中南米を中心に各国でコンテストが行われています。国内予選を勝ち抜き、国際審査員の厳格なカップテストにより「至高のコーヒー」として評価された、ほんのわずかなコーヒーが、カップ・オブ・エクセレンスの称号を授与されます。
ブラジルでは、Early Harvest COE(パルプドナチュラル)とLate Harvest COE(ナチュラル)の2回の品評会が行われます。今回のLate Harvest COE 2014では23のコーヒーが受賞されました。